前世占い 不倫 体験談 人気の霊能者

離婚を防ぐ方法

あなたは、離婚届の「不受理申請」という制度を知っていますでしょうか?

 

 

これは、事前に不受理申請をしておくことで、

 

 

旦那(妻)が勝手に離婚届を作成し、役所に離婚届を提出したとしても、離婚届が役所に受理されない。という制度です。

 

 

 

市役所に勤めている友人から聞いた話ですが、

 

実は、意外とこの不受理申請をしている人はたくさんいるようです。

 

 

 

 

今回は、細かい法律的なことは書きませんが、

 

 

 

どちらかが離婚したいと思っても、相手が離婚に反対の場合は、法律上、離婚を成立させることが難しいケースが多々あります。

 

 

 

お金の問題。子供の事情。親の反対。職場内での評価。

 

 

などなど、何かしらの理由で、実質的には完全に夫婦関係が破綻しているような状況であっても、相手が離婚をしたがないケースは多々あります。

 

 

 

 

例えば、奥さん側が、

 

 

1年以上、完全に別居状態だけど、子供のことを考えると離婚だけは避けたい。

 

 

と思っているとします。

 

 

 

逆に、旦那の側は、1日も早く離婚したいと思っています。

 

 

 

でも、離婚の話がいっこうに進まない。

 

 

奥さんの所に離婚届を持って行っても、奥さんが署名をかたくなに拒否する。

 

 

 

 

こんな状態がしばらく続くと、旦那が、離婚届の「奥さんが署名する欄」を勝手に記入し、離婚届を勝手に役所に出そうとする人がいます。

 

 

 

実際に、こういう人がたくさんいるので、この不受理申請の制度があります。

 

 

 

離婚届が提出された場合。

 

 

役所では、奥さんの筆跡が本当に本人のものなのか。

 

 

そこまではチェックせずに、離婚届を受理してしまいます。

 

 

 

なので、事前にこの不受理申請をしておかないと、旦那が勝手に作った離婚届が役所に受理されてしまう。

 

 

ということが起こり得ます。

 

 

 

「相手が離婚したがっているけど、勝手に離婚届を出されるのは絶対に困る。」

 

 

という状況になってしまった場合は、この不受理申請の制度を思い出してもらえればと思います。

 

 

 

 

 

⇒ お勧めの電話占いはこちら