前世占い 不倫 体験談 人気の霊能者

イライラを消す方法

イライラを消す方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

まずは、NLPでもよく使われ手法ですが、「リフレ―ミング」をすることです。

 

 

事実は1つ。解釈は無数です。

 

 

何かの出来事に対して、自分が最も前向きになれる解釈をすると気持ちが楽になります。

 

 

一例を挙げると、例えば、雨が降った場合、

 

 

「今日は雨が降って嫌だな」

 

 

と考えることもできますし、

 

 

逆に、

 

 

 

「雨が降ったおかげで○○ができて良かった。」

 

 

 

と解釈することもできます。

 

 

細かい説明は省略しますが、これをリフレ―ミングと言います。

 

 

 

イライラしたときにやってはいけないこと

1人で冷静に考える時間を作るとと、ますますイライラが増してきてしまいます。

 

 

例えば、静かに音楽を聴く。というのは逆効果です。

 

頭をカラッポにするのが一番です。

 

 

イライラした気持ちを落ち着かせるために、静かな音楽を聴こうと思っても、音楽は耳に入らず、頭の中を思いが駆けめぐり、ますますイライラ、キリキリしてしまいます。

 

 

 

瞑想やリラクゼーションをするというもの難しいです。

 

 

「すぐに気持ちがささくれ立って、ちょっとしたことにイライラしてしまうのは、自分が至らないからだ。もっと気持ちをゆったり持とう」などと考えて、瞑想やリラクゼーションをしようとしても、うまく集中することができません。

 

 

ただ、瞑想やリラクゼーションは、ストレスをすっきり発散させてから行えば、とても効果がある方法です。

漢方薬を飲む

 

漢方薬は、継続して一定の期間飲む方法と、イライラする時に頓服的に飲んでおく方法ががあります。

 

 

飲むことによる効果だけでなく、漢方薬独特の香りによってイライラが鎮まるという方もいるようです。

深くゆっくり深呼吸する

人は、イライラしてしまうと自然に呼吸が浅くなって早くなるようにできています。

 

 

なので、深くゆっくりとおなかでシッカリと呼吸してみましょう。

 

 

そうすることで、体全体に新鮮な酸素がいきわたるようになり、血行も良くなるのでリラックスできるようになります。

 

 

空気がおなかの中に行き渡っていくのをイメージして、ゆっくりと息を吸い込んでいきます。

 

 

息を吐くときはその逆で、おなかの中の空気をすべて出しきるようなイメージでゆっくりと吐い)ていきます。

十分な睡眠をとる

睡眠時間が少ない状態が日常的になってしまうと、脳の扁桃体(へんとうたい)という箇所が活発に働くようになりストレスホルモンを出してしまいます。

 

 

なので、睡眠時間はしっかりとりましょう。

 

7時間は最低でも睡眠時間に当てるのが理想です。

 

 

どうしても寝れない場合は、朝起きた時に、朝日をしっかりあびることで睡眠が改善する場合もありますので試してみてはいかがでしょうか。

 

 

朝日をしっかりあびることで、体の体内時計がリセットされ、規則正しい時間に眠りにつけば、おのずと睡眠時間は延びるはずです。